本文へスキップ

このはな建設部会 は建設業の一人親方様の労災保険加入をお手伝いする団体です。

TEL. 06-6468-0781

〒554-0011 大阪府大阪市此花区朝日2-18-8

加入月別労働保険料・団体会費についてHOKENRYO

新規ご加入及び年度更新の際には、労働保険料 + 団体会費を一括でご入金いただきます。
入会金は一切不要です。
団体会費につきましてはキャンペーン等の内容により金額が変動する場合がありますが、通常料金より高額になることはございません。(通常料金:団体会費10,000円)

加入月別 労働保険料・団体会費早見表

新規加入される方は下記リストよりご加入希望月をお選びいただき、料金表PDFの中から給付基礎日額を1つご選択ください。
労働保険料 + 団体会費の合計額が必要金額になります。
なお、このはな労働保険事務組合から空白期間なく移行される場合は団体会費は無料となります

  • 料金表をご覧になるには Adobe Reader が必要です。
    プラグインをお持ちでない場合は以下のボタンよりソフトをダウンロードしてください。


一人親方(第二種)特別加入・月別労働保険料一覧表

一人親方特別加入にご加入される場合、加入月と選択いただく給付基礎日額により労働保険料が算定されます。
国の定める労働保険料率(毎年2月頃決定)により労働保険料が決定します。


給付基礎日額について

給付基礎日額とは労災保険の給付額を計算する基礎となるものです。
16種類の額の中から加入される方が自由に選択いただけます。

  • 給付基礎日額は基本的には日当を基準として考えます。
    加入される方の所得水準に見合った適正な額をご選択ください。
    (例:年収450万の場合、日当に換算すると 4,500,000 ÷ 365日 = 12,328 となります)
  • 休業補償給付(休業時の給与補償)は給付基礎日額の8割が支給されるので、例えば日当が12,000円の方は給付基礎日額15,000をご選択いただくと、休業中も休業前と同等の補償を受けることが可能となります。
    なお、療養給付・療養補償給付(病院の治療費)は給付基礎日額に関わらず無料となります。
  • 18,000円以上の給付基礎日額をご希望の場合は所得証明書が必要です。



バナースペース


四コママンガ公開中!

このはな建設部会

〒554-0011
大阪府大阪市此花区朝日2-18-8

TEL 06-6468-0781
FAX 06-6468-0788